名前の通り若いとうもろこし

一昔前はヤングコーンといえばタイなどの輸入物や缶詰が多かったけれど、近年では旬の5月6月になるとスーパで国産皮付きヤングコーンを見かけるようになりました

とうもろこしは鮮度が命なので、購入する際はヒゲと皮が水々しいものを選ぶと美味しいです

  1. 特徴
  2. 下処理
  3. 主な生産地
  4. 食べ方

特徴

独特の食感

ほのかな甘味がある

いろんな料理に合う

下処理

通常のとうもろこしと一緒で皮をむいて使います

中身の部分は柔らかく折れやすいので丁寧に

包丁を縦にして薄皮に切れ込みを入れると取りやすい

主な生産地

国産ヤングコーンの主な生産地は北海道、埼玉、千葉、茨城、群馬

食べ方

皮付きのまま丸焼き

天ぷら

炒め物

ピクルス