家庭の火力でもお店のように作れる生姜焼きのレシピです。まかないでは一度に8〜10人前を作っていました。今回のポイントは鍋(フライパン)に入れる具材の量、炒める順番焼き色です。炒める作業の前に下ごしらえをきっちりすれば段取りよく料理できます

  1. 材料(2〜3人前)
  2. 作り方
  3. 時間をかけずに美味しく作る

材料(2〜3人前)

作り方

濃口醤油、みりん、生姜をボールに合わせておくと作業がスムーズ。玉ねぎは1cmの幅にスライス(今回使用したものはかなり大きかったです)

フライパンに油をしき玉ねぎだけを炒めます。(中火〜強火)飴色ではなく茶色く色がつく部分が出来る様にすると良い感じ。(水分を飛ばすようなイメージで炒める)

小麦粉を入れて1分くらい炒めて粉ぽさをなくす。炒め終わったら玉ねぎの入っていたバットに移す。※小麦粉を加えると調味料が素材にまとわりつき仕上がりが水っぽくならない効果がある

フライパンを予め温めてサラダ油をしき肉を広げながら焼きます。※一回に焼く量はフライパンの底が見える量がポイント(入れすぎると鍋全体の温度が下がってしまい焼き色がつかない)

焦がさないように満遍なく焼いていきます。

最初に炒めた玉ねぎを豚バラを焼いた鍋に入れて、合わせ調味料を加えて味みをして塩で微調整をして完成です。

時間をかけずに美味しく作る

炒めた豚肉と玉ねぎに入れるだけで美味しく生姜焼きが作ることができます