ボタン海老 下処理の方法 食べ方 熟成

ボタンエビは生で食べるのが一番美味しいと思う調理法。今回はお店で実践している美味しい食べ方、調理法の紹介です。

現在はネットで簡単に美味しいボタンエビが購入できるので、自宅にいながらお店で食べるボタンエビを楽しむことができます。

下処理

水洗い

エビの殻の周りについた雑菌、汚れを水道水で洗い流します。3回くらい水を変えながら洗い、水が透明になるまで洗います。

水に漬けすぎると身が水っぽくなるので手際よくさっと洗います。

熟成

ボタンエビは熟成させることでプリプリからねっとり濃厚な味に変化します。

次亜塩素水

水洗いの後、次亜塩素水で洗うことで雑菌の繁殖を防ぐことができます。

薄めた塩素系漂白剤

塩素系漂白剤を本体表記の食品に使える濃度まで薄め、ボタンエビを洗うと雑菌を減らすことができます。

ボタン海老の美味しい食べ方

1日目の新鮮物

新鮮なものはプリプリな食感が美味しい、甘さも感じられ海老味噌も楽しめます。

2〜3日目

甘さ、旨味が増してきます。ぷりぷりな食感はねっとりとした食感に変わってきます。

※熟成は食中毒のリスクがあるので衛生管理をきちんとおこないましょう

特大ボタンエビ

ボタンエビはなんと言っても大きいものがおすすめです。口いっぱいに甘さと旨みが広がります。、

近年は冷凍技術が発達し冷凍ボタンエビ充分美味しく食べることが可能になりました。

ふるさと納税でボタンエビ

高級食材はふるさと納税を活用して食べるのがおすすめ

条件を満たせば、実質2000円でボタンエビを楽しむことができます。

頭の美味しい食べ方

唐揚げ

片栗粉をまぶし170度の油で2度揚げすると美味しく食べられます。

※殻の硬いところは食べることができません。口を怪我するので注意が必要です。

味噌汁

いつもの味噌汁に頭を入れるだけで濃厚なエビ味噌汁が楽しむことができます。

塩茹で

1〜2%の沸かさないお湯で火入れすると味噌が美味しく食べられます。

タイトルとURLをコピーしました