1. 三徳包丁
  2. 重房の包丁
    1. 鍛地
      1. 霞仕上げ
  3. 飯塚時房
  4. 住所 Address

三徳包丁

黒打165mmの三徳包丁

実用的で持った時のバランスがとてもいい包丁です

重房の黒打の三徳包丁は約半年〜一年待ち

重房の包丁

鍛地

まるで刀のような層と波紋が特徴。重房の真骨頂。

鋼材はスウェーデン鋼

霞仕上げ

鋼材は鍛地と同じスウェーデン鋼

通常の和包丁と同じ作り方で軟鉄で貼り合わせてある

飯塚時房

18歳で刃物職人を志し三条製作所に入社。岩崎重義に師事。刃物作りの基礎を教わりながら剃刀の製造に携わる。

独立後 名匠 長島宗則 に師事をする。若い頃からセンスがよく修行の経験を生かして包丁作りを始める。

現在は二人の息子が作った包丁の仕上げの 研ぎ の行程を担当している。

『重房』の庖丁は絶妙なバランスで持った人はその使いやすさ驚く。切れ味の説明はする必要はなく重房を知るプロは欲して止まない。

現在包丁を注文すると1年〜2年待ちの状態が続いており入手は困難です。

住所 Address

住所 〒955-0852 新潟県三条市南四日町2丁目11−9

電話 0256320279