食材の専門道具は様々ありますが、その中でも銀杏割は持っておきたい道具の一つ

今回は和食のプロ、家庭でもあると便利な銀杏割の紹介です

いろんなメーカーが工夫を凝らして様々な銀杏割を作っています

  1. 銀杏割
    1. ぎんなんぼうず
    2. ギンナンクン 
    3. らくらく銀杏割
    4. スタンダード銀杏割
  2. 美味しい銀杏お取り寄せ

銀杏割

ぎんなんぼうず

殻は割っても身は潰れないがキャッチフレーズ

強く握りすぎて銀杏の身が割れる失敗がありません

ギンナンクン 

シンプルなデザイン、銀杏の滑り止め加工がしてあり使いやすい

アルミ製なので軽くて丈夫

ギンナンクンPro もあります

らくらく銀杏割

アマゾンのベストセラー 1位 

スタンダード銀杏割

昔ながらのデザインの銀杏割り

中のバネの部分が滑らかに動き使いやすいです

美味しい銀杏お取り寄せ

例外もありますが、基本的に銀杏は大きい物の方が美味しいです

ほとんどの日本料理店では2L以上で使っています